江戸の都を騒がせたバズ・マーケティング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近、企業のマーケティングにおいて
SNSやブログがにわかに注目されるようになり、
「バズ・マーケティング」という言葉も頻繁に使われるようになった。

バズ・マーケティングとは、簡単にいうと口コミ、マーケティングである。

商品やサービスを実際に使ってみたユーザーが、
他人に伝えることによって自然と広がっていき
スパイラルが生まれる。

FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの特性上、
バズ・マーケティングが非常に適していると注目を集めている。

バズ・マーケティングを語る上で、
江戸時代に大変興味深い、
面白い逸話が残っているので紹介する。

谷文晁(たに ぶんちょう 1763年10月15日-1841年1月6日 ) は
江戸時代後期の画家であり、
円山応挙、狩野探幽とならぶ大成者の一人である。

そんな文晁だが、世に名前が知られていない時、
如何に自分の技量を世に知らしめすか思案していたところ、
あるとんでもないアイデアが浮かび上った。

文晁は、ある大晦日の夜、数百本の扇子に素晴らしい富士の絵を描き、
自分の落款 ( らっかん ) をしっかり入れて、江戸の町に出て行った。

そして、その扇子をおもむろに町中にばら撒いて帰ってきたという。

年が明けて、町人が外に出ると、無数の扇子が落ちているではないか。

それを拾い開けてみると、それはそれは素晴らしい富士の絵が描かれている。

「こいつは春から縁起がいいや」

と、たちまち江戸中の話題となり、落款から文晁の作品と分かると、
人々が挙って文晁宅に駆け寄り注文が殺到したという。

これは、文晁が考え出したバズ・マーケティングそのものである。

文晁は既に優れた技能を身に付けていたが、
画業としては、知名度が低く今一つというところだった。

一歩間違えれば、ただの迷惑となりうるこの方法が
一夜にして名を轟かすほどになったのも
以下の要因が考えられる。

「世間のニーズを的確にとらえ、的確なタイミングで
突飛な方法をとった。」

それは、元旦の初夢で縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」の
富士の絵が描かれていた事。

人々にとってはこの時期、大変縁起が良い物となる為、
ニーズを捉えていたとなる。

そしてタイミングは大晦日の夜から元旦に掛けて行うことで
富士の絵が活かされる。
(時期外れでは、効果が薄まるどころか迷惑行為に繋がる危険性もある)

その取った方法が、町中にばら撒くといった行動が、
誰もが驚く突飛な行動であるため、
人々の気を引き付ける事が出来た。

これらの要因が作用して文晁は後に
一流画家の道を歩む事になったのだ。

文晁はこれらの成果を目算し、念入りに計画を立てて着々と準備を
進めていたというから驚きである。

現代のバズ・マーケティングにも、文晁の事例を置き換えることで
何かヒントになるのではないだろうか。

関連記事:


松岡 未知

松岡 未知

インターネットの普及に伴い私達の生活は便利になり、ビジネスにおいても以前と比べものにならないくらい効率化が進みました。 またここ最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービスは爆発的に普及し、遠からず近からず人と人の繋がりが生まれ、日々コミュニケーションが交わされており、もはや私達の生活になくてはならないツールの一つとなりました。 しかし、一人一台のコンピューター(モバイルを含む)を所有している私達にとって、いつでもどこでも世界中の人々と繋がり、平等に発言する事が可能となった反面、リアルな人間関係が希薄化してきていることも事実です。 その様な中で、バーチャルの世界では自己の考えを主張できてもリアルの世界では引っ込み思案になる若者が増えてきている事が懸念されています。 私達は、IT事業者として最先端の仕事に従事しておりますが、リアルとバーチャルのバランスを大切にしています。 技術やサービスを提供する前に、一人の人間としてお客様に接し、信頼関係を構築する事が初めの一歩と考えております。 こういう時代だからこそ、お客様と顔と顔を付き合わせて心の通じ合うお仕事がしたいと強く願っています。

You may also like...