スマホの世帯普及率5割に タブレットも15%が保有、総務省調査

スマートフォン(多機能携帯電話)の2012年末の世帯普及率が49・5%と前年末(29・3%)から大きく伸び、世帯のほぼ半数に達したことが、総務省の通信利用動向調査で14日、分かった。
初めてスマホを調査項目に入れた10年末は9・7%だったが、この2年間で急速に普及が進んだ。
tablet

タブレット型端末の普及率は前年末の8・5%から15・3%に上昇した。
一方で、パソコンは77・4%から75・8%に微減となった。
スマホなど新しく登場した情報端末でインターネットにつなぐ機会が増え、一部でパソコン離れが進んでいる可能性がある。

出典 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130614/biz13061417550024-n1.htm

スマートフォンやタブレットPCの普及で最近、オフィスワークでもこれらのデバイスは当たり前のように活用されてきている。
また、積極的にタブレットPCを導入する企業が目立ち始め、特にBtoCを展開する企業はユーザー視点という観点から意識してタブレットPCに慣れる事が重要視されている。
スマートフォン普及率は先進国からみると日本は低い数字となっているが、国内世代別でみると10代、20代の若い世代では60%を超えており、今後、顕著に伸びが予想される。

彼らがこれから先、主要なユーザーになって行く事は間違いないのですが、WEBサイトを初め、さまざまなコンテンツをマルチデバイス化(※1)することは必至ではないでしょうか。

昨年から大手企業のWEBサイトがレシポンシブデザインに移行してきており、オープンソースのCMS「WordPress」のテーマもレシポンシブデザインが多く配布されてきました。
今年から来年に掛けて既存サイトが次々レシポンシブデザインに移行していくのではと考えています。

参考) http://www.aflat.co.jp/matsuoka/?p=124
(※1)コンテンツやサービス、ソフトウェアなどが様々な種類の機器(device)から等しく利用できること。また、様々な種類の機器が混在し、相互に連携できること。そのような状態にすることを「マルチデバイス化」「マルチデバイス対応」という。

関連記事:


松岡 未知

松岡 未知

インターネットの普及に伴い私達の生活は便利になり、ビジネスにおいても以前と比べものにならないくらい効率化が進みました。 またここ最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービスは爆発的に普及し、遠からず近からず人と人の繋がりが生まれ、日々コミュニケーションが交わされており、もはや私達の生活になくてはならないツールの一つとなりました。 しかし、一人一台のコンピューター(モバイルを含む)を所有している私達にとって、いつでもどこでも世界中の人々と繋がり、平等に発言する事が可能となった反面、リアルな人間関係が希薄化してきていることも事実です。 その様な中で、バーチャルの世界では自己の考えを主張できてもリアルの世界では引っ込み思案になる若者が増えてきている事が懸念されています。 私達は、IT事業者として最先端の仕事に従事しておりますが、リアルとバーチャルのバランスを大切にしています。 技術やサービスを提供する前に、一人の人間としてお客様に接し、信頼関係を構築する事が初めの一歩と考えております。 こういう時代だからこそ、お客様と顔と顔を付き合わせて心の通じ合うお仕事がしたいと強く願っています。

You may also like...