レシポンシブwebデザイン

スマホの保有率が過半数占め、タブレットPCも爆発的に普及している。
逆にパソコンの保有率が低下の一途を辿っているという。
これは、どういう事だろう。

つまり、これからのwebサイトは今までの様に
「マウスでクリックして閲覧する」から「画面をタップする方法」へと
移り変わってきたという事だ。
monitor00

当然、webサイトのレイアウトもそれに適したデザインに変えなくてはいけない。
とはいえ、今まで通りパソコンで閲覧するユーザーもまだまだ多数いるので、無視する事はできない。

そこで登場したのが、レシポンシブwebデザインだ。
これはワンソース・マルチデバイスの事で、アクセスするデバイスによって最適に表示されるようにCSSを切り替えるという物。

正確には閲覧するブラウザの横サイズ によって最適に表示されるようCSSを使ってレイアウトを変える。

メリットはワンソースの更新でパソコン、スマホ、タブレットPC全てのサイトが同時に更新されるので遥かに作業効率があがる。

また汎用性が高く、あらゆるデバイスに対応出来る。
我々が日常的に使っている家電がインターネットに繋がる時代が来ると言われている。
ワンソース・マルチデバイスはこれらのデバイスにも、最適に表示させる事が容易になるので、多岐に渡りマーケティングが可能になる。

当然、メリットがあるという事はデメリットもあるという事だ。
Internet Explorer8以前のブラウザには対応していなく意図した通りに表示されない。
Microsoftでは、これら古いブラウザを使用しているユーザーに対してアップデートを促しているが、まだまだユーザー数も多いので無碍にはできない。
しかし、時代はレシポンシブwebデザインに移行してくる事は間違いないだろう。

これらの事を踏まえwebサイトのリニューアルをお考えの方は、レシポンシブwebデザインの導入を一考されてはどうだろうか。

下記は国内外のレシポンシブwebデザインの導入事例です。

monitor01

monitor02

monitor03

monitor04

monitor05

monitor06

monitor07

monitor08

関連記事:


松岡 未知

松岡 未知

インターネットの普及に伴い私達の生活は便利になり、ビジネスにおいても以前と比べものにならないくらい効率化が進みました。 またここ最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービスは爆発的に普及し、遠からず近からず人と人の繋がりが生まれ、日々コミュニケーションが交わされており、もはや私達の生活になくてはならないツールの一つとなりました。 しかし、一人一台のコンピューター(モバイルを含む)を所有している私達にとって、いつでもどこでも世界中の人々と繋がり、平等に発言する事が可能となった反面、リアルな人間関係が希薄化してきていることも事実です。 その様な中で、バーチャルの世界では自己の考えを主張できてもリアルの世界では引っ込み思案になる若者が増えてきている事が懸念されています。 私達は、IT事業者として最先端の仕事に従事しておりますが、リアルとバーチャルのバランスを大切にしています。 技術やサービスを提供する前に、一人の人間としてお客様に接し、信頼関係を構築する事が初めの一歩と考えております。 こういう時代だからこそ、お客様と顔と顔を付き合わせて心の通じ合うお仕事がしたいと強く願っています。

You may also like...