2016年の初詣と年始に思う事

投稿日 2016/01/06

morietsuです。1月4日(月)から仕事はじめしました。

世間では、年々、お正月の雰囲気が薄れつつありますが、暦の関係も重なって、今年は特に短い印象の年末年始でした。
そんなせいもあって、“いつものペース”をすぐに取り戻せているのは、仕事の面では「良いこと」と言えそうです。

さて、アフラットでは、4日の朝は毎年恒例の初詣に行きましたが、久しぶりに、役員・社員が全員そろう形となりました。
web制作事業と店舗運営事業、神奈川本社と東京OFFICEと、小さいながらも多角的に動き出したので、当然と言えば当然です。

日頃はメールや電話、スカイプなどでやり取りしているので、仕事内容の伝達は出来ていますが、年末に相模大野で行った忘年会にも社長は不参加だったので、久しぶりな感じがありました。
やはり、言葉だけではなく、実際に合う事で伝わることは色々とあるのですね。
あらためて、顔を合わせる事の意味を感じました。

これは、ホームページ受託制作のお客さまとのやりとりにおいても、大事にしていこうと再確認できました。

話は戻りまして、初詣の後は、年始のミーティングにて、今年の抱負を話し合いました。
共通のワードとして挙がったのは、「コミュニケ―ションをもっと取っていこう」ということです。

2015年は、各人が、仕事の内容ややり方についてチャレンジできた1年でした。
しかし、その分、共有し合うことは少なくなってしまったように思います。

今年は、成長した分をプラスの影響で与え合って、成果につなげていきたいと思います。

また、個人的には、チャレンジしていることについて、まだ自分なりの正解すら見つかっていないので、経験と失敗がまだまだ足りないと思っています。
もがき続けるしか道はないですね。

あせらず、あきらめず、進んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

関連する記事

コメント

Comments are closed.